運動パフォーマンスがアップ!ストレッチヨガ【子どもの身体づくり】

*今回の記事は、肩こり腰痛専門アロマヨガセラピーとは別でサポートしている
「子どもの身体づくり」についてお伝えいたします。
 
 
つい先日、嬉しいニュースが届きました!
 
ストレッチヨガを教えている生徒さんが
試合で県大会に出場しました!
 
しかも!
 
1回戦勝利をおさめたそうです!
 
スゴイ!!!
やったー!
ほんとうに嬉しい^^
 
 
 
子どもの身体の硬さをゆるめ柔軟性を高め
ケガをしにくい身体
運動パフォーマンスをアップする!
「ストレッチヨガ」
 
子どもの身体づくりのサポートを行っています。
 
 
はじめの頃は、あまりの身体の硬さに驚きましたが
少しずつ緩めることで
身体の可動域が広がりました。
 
 
子どもは今ある身体が当たり前なので
生活での不自由さを感じることは少ないと思うのですが
 
本人も
「軽い!動きやすい!」
と実感してくれたことは何よりも嬉しいです。
 
 
そして、パフォーマンスが上がり
 
「足が高く上げられるようになった!」
 
「コントロールも良くなって
的に入る率が上がった!」
 
と喜んでいました。
 
 
コーチからも
「足の動きが良くなった」
 
と褒められたそうです!
 
 
本当に良かった^^
 
ストレッチヨガ,子どもの身体づくり
 
 
レッスンに施術も入れて集中的に改善したりしながら
取りきれない硬さをとり、動きやすくし
バランスを整えていきました。
 
 
 
これまでの変化をお話していきます。
ぜひ続きをご覧くださいね。
 
 
 

パフォーマンスが上がった身体の変化

部分的な変化をお伝えしていきます。

肩、股関節が動くと姿勢が良くなる

【肩】
 
はじめは、
肩に手を置くことが出来ないほどガチガチでした。
 
それが今、付くようになりました!
 
 
肘を回す動きがスムーズに大きく回せるようになり
 
いつも「軽い!」と言って喜んでます^^
 
肩の可動域が広がる
 
 
【前屈】
前屈すると膝裏の痛みがかなり強かったのが軽減して
背中の丸まりが良くなっていてます。
 
背中の丸まりが改善
 
 
【股関節】
それから、
分かりづらい部位ですが
 
お腹にある上半身と下半身をつなぐ筋肉が硬くなりやすく
 
そこを緩めてあげることで
全身の動きが良くなりました。
 
彼も目を見開いて、おっ!と驚いてました。
 
股関節の動きが良くなる
 
 
以前より体幹がつき
身体を支えるポーズが安定してきました!
 
 
身体の硬さや痛みに左右差があったのが
今は見たところさほど感じません。
 
全身のバランスが整ってきた証拠です。
 
 
【姿勢】
見て!この姿勢!
 
姿勢が良くなる
 
巻き肩が改善して全身のバランスが良くなっています。
 
下半身の伸びも良くなり、姿勢が全然違います!
 
姿勢が良いと見た目が変わりますよね。
 
かっこいいですね^^
 
 
 

腕が硬いと腱鞘炎になる可能性も

 
初めて施術した時の検査で、
首の右側(僧帽筋)のつっぱりがあり、とても痛がりました。
 
あと、右手首を返して伸ばすことも
声を出すほど痛い様子でした。
 
 
ここは放っておくと
腱鞘炎になりかねない所です。
 
 
痛みなく動くように調整していきました。
 
 
先日チェックしたところ、
どちらも痛がることなく伸ばせていて
改善され安心しました。
 
 
 
普通の生活では、
本人が気付いていない硬さや痛みがあると思います。
それも良くなっていることでしょう。
 
 
個別に細かくチェックしてみると
まだまだ若い子どもでも
不具合がいろいろあるのです。
 
 
 

浅い呼吸から深い呼吸へ

彼は最初、呼吸がとても浅かったのです。
 
本人は気づいていないけど、
息苦しいだろうなあと感じていました。
 
 
ところが、続けていくことで
胸でしか呼吸出来なかった状態が
 
少しずつ深められるようになりました。
 
 
始めの頃は、
どのポーズをするにも身体が硬くて突っ張り
息を止めてしまったり
苦しくなり
ストップしてしまうことがあったのです。
 
 
それが今、
出来るポーズも増え
難しかった動きが出来るようになってきています。
 

浅い呼吸の原因は?

彼の場合、スポーツで同じ動きをすることが多く
肩や胸がガチガチでした。
 
猫背になり、胸が圧迫され
呼吸が浅くなってしまったのです。
 
 
このままだと長距離走るのは大変だろうと思い
 
持久力が低下することを、お母さまに伝えたら
 
前は速かったけど、今は長距離は苦手
持久力がない。
 
とおっしゃっていました。
 
 
 
全身をバランスよく使えてれば良いけれど
 
片側だけ過度に使ったり
運動し過ぎると
 
筋肉が疲労し硬くなり
骨や内臓に負担をかけてしまいます。
 
 
 
浅い呼吸の原因は
肩回りと胸の硬さによるものでした。
 
 

呼吸のコントロールは意外と難しい

大人でさえ、
 
呼吸が浅い
 
息苦しさがある
 
気づくと息を止めてしまう
 
という方が多いです。
 
誰もが無意識に呼吸はしているので
浅いか深いかなんて考えて息をしていません。
 
 
だから、
自分で気づけない不調が出てしまうのです。
 
体の不調,免疫力低下,むくみ,冷え症
 
呼吸が浅くなると、
血液の流れが悪くなり
酸素や栄養が全身にいき渡らなくなることで
 
こり、痛み、むくみ、冷え、だるさ
 
疲れやすい、身体が重い
 
など様々な不調が引き起こされてしまいます。
 
 
 
また、浅い呼吸が
免疫力の低下、自律神経やホルモンバランスの乱れをつくってしまいます。
 
 
 

心を落ち着かせる時間

はじめは難しかった腹式呼吸
 
今はとても上手になり
 
彼は自然と目を閉じて
おしゃべりすることなく自分に集中していきます。
 
 
気持ちを落ち着かせ、
からだと心を整えています。
 
 
自分が落ち着く感覚を身につけたようです。
 
 
すごいな~
と私はいつも感心しています。
 
 
 
子どもが目を閉じて呼吸で心を落ち着かせている姿を
 
あなたも想像してみてください!
 
 
素敵だと思いませんか?
 
 
大人だけでなく、子どもにとっても
 
目を閉じて自分を見つめる
ゆったりとした時間が必要なんだろうな
と感じます。
 
 

ヨガで身体が変わる

 
最近では、
 
「身体が軽い!
 
動きやすい!
 
効果あるよ!」
 
と身体を元気に大きく動かしながら表現してくれました。
 
ストレッチヨガ,子どもの身体づくり
 
「大会や持久走大会、運動会の前の日にヨガやりたい!」
 
と言ってくれたのも嬉しかったです。
 
 
ヨガをすると身体が変わる
ことを実感してくれたんだなぁと思います。
 
 
個別で施術することで緊張もなくなったのか
笑顔が増え、いろいろお話してくれるようになりました。
 
それも嬉しい変化です(*^^*)
 
 

身体のメンテナンスは大切

 
普段、痛みもなく元気でいることが当たり前なので、
細かい変化は本人も実感しづらいかなぁと思っていたけど
 
本人が実感できました!
 
 
身体の変化を細かく感じるのは難しい歳だけど
それを自分自身で実感出来たことが
本当に良かったです!
 
 
 
まだ硬いところはあるけれど
全体的に可動域は広がっています。
 
 
日常生活や運動が
以前より軽く、動けるようになっていることでしょう。
 
 
ストレッチヨガ,子どもの身体づくり
 
 
たまに、
その身体どうしたの⁈
 
という時もあるので
家でも身体のメンテナンスが習慣になれば良いなぁと思います。
 
 
 
プロの選手も日々メンテナンスしているように
 
自分の身体を知って
(ここが動かしづらい、痛い、硬いなど)
 
メンテナンスすることの大切さ感じられたら
 
もっともっと良くなります。
 
 
もちろん大人もですね。
 
 
 
 
まだ身体の使い方や力の入れ加減が難しいようなので
少しずつ身につけていけるよう行っていきます。
 
 
 
子どもは目の前のことに、いつも一生懸命!
 
だからこそ、
 
未来のために今しておくと良いことなどを
時には伝えながらレッスンを行っています。

 

元気に笑顔で自信をもって生きて欲しい!

 
子どもの身体を見ている中で気づいたことは
 
想像以上に子どもの身体は硬い!!
 
そして、
力の加減をコントロールすることが難しい!
 
 
 
まだ生きてる年数が少ないので
自分の身体を知るということは
これからですが
 
今、何でも吸収できる時に
 
 
自分の身体はどうなっているのか
 
動かないとどうなってしまうのか
 
どうしたら動けるようになるのか
 
 
を知ることは、
とても大切なことだと感じています。
 
 
子どもに難しいことを言っても伝わらないので、
いろんな例え話を交えながら教えています。
 
 
 
 
子ども達、これからどんどん成長し大きくなっていきます。
 
 
運動だって、遊びだって
もちろん勉強だって
 
健康で元気な身体が必要ですからね。
 
 
子どもの身体づくり
 
 
未来の日本
世界を担う子ども達
 
元気に、笑顔で、自信をもって生きて欲しい!!
 
と心から願います。
 
 
 

《子どもの身体づくり》ストレッチヨガ

 
柔軟性を高め、ケガをしにくい身体
運動パフォーマンスをアップする
「ストレッチヨガ」
 
ストレッチヨガ,子どもづくり
 
 
もしもお子さんが…
 
 
✔すぐ転ぶ
 
✔ケガが多い
 
✔身体が硬い
 
✔バランスが悪い
 
✔運動が嫌い、運動していない
 
✔運動に対して苦手意識がある
 
✔運動のし過ぎ
 
✔腰や肩が痛い、言う
 
✔スポーツ時に、上手く動けていない
 
✔動きに遅れが見られる
 
✔風邪をひきやすい
 
✔運動できないけど何かやらせてあげたい
 
 
などの状態であれば
 
子どもの身体をより良くするための
「ストレッチヨガ」
をオススメします。
 
 
個々の状態に合わせた
身体づくり
 
ケガをしにくい
疲れをためない身体
 
運動機能を高める
ストレッチヨガ
 
 
 
硬くなった筋肉をゆるめ、
柔軟性を上げながら
体幹をつくります。
 
 
試合などがあるお子さまに、
パフォーマンスを上げるマインドセットの仕方など教えています!
 
 
 
つまりこれを続けることで、
 
☆ケガのリスクを下げ
運動がスムーズにできるようになりパフォーマンスが上がる。
 
 
☆運動が苦手なお子さまが、
動ける身体になることで
自分に自信をもち
運動が好きになる。
 
 
☆これから本格的に部活が始まる時には
バランスの良い身体で
お子さん本来の能力を発揮することができるでしょう!
 
 
 
それが、
子どもの自己肯定感を高め
生きる自信につながります。
 
 
 
ご興味のある方は、
レッスンの詳細を個別でお伝えしますのでお問い合わせください(^^)
 
 

こちらの【子どもの身体づくり】シリーズもぜひご覧ください!

↓↓文字をクリック↓↓

 
子どもの身体づくり,ストレッチヨガ
 
 
 
子どもの身体づくり,ストレッチヨガ
 
 
 
 
 
 

いいねボタン!