感染を防ぐために必ず知っておきたいこと!vol.1

 
世界中を騒がせてる新型コロナウイルス。
 
 
日本も対応に追われ、
その影響がじんわりと広がっています。
 
 
 
一体どうなっちゃうの?!
と不安でいっぱいですよね。
 
 
 
 
とにかく予防のためにと
手洗い、うがい、マスク
これは誰しも言う基本的なこと。
 
 
 
しかし、そうはいっても感染はどんどん広がっていく…
 
本当にこれだけで大丈夫なの?
 
他に出来ることないの?
 
 
 
 
 
今日は、感染を防ぐために必ず知っておきたいこと
あなたが出来る対策についてお伝えしていきます。
 
 
今流行りのものだけでなく
風邪、インフルエンザなど、どこにでもいるであろう細菌やウイルスに負けない方法です。
 
 
病気にならないために何が必要なのかを知り
ぜひ、あなたの生活にお役立てください。
 
そして、過剰な心配をすることなく過ごせることを願います。
 
 

免疫力を高める

 
ウイルスや細菌に負けないためには
 
ズバリ「腸を動かすこと」
 
 
腸を動かす…??
 
ん?どういう意味?
 
 
つまり、
腸を活性化させること
腸の働きを良くして元気にすることです!
 
 
 
詳しく説明していきますね。
 
 
 
病気にならないためには
免疫力を上げることが重要です。
 
 
免疫力とは、身体を守る力。
 
細菌やウイルスなどの異物から身体を守る
自己防衛システムのことです。
 
 
この免疫力が高ければ健康を維持していけます。
 
が、逆に免疫力が低いと
風邪をひきやすかったり、アレルギーやガンになりやすかったりもします。
 
 
つまり、免疫力を上げることが大切なのですが
 
それには「腸」が関係しています。
 
 
 
免疫力の7割は腸にあると言われています。
 
7割ですよ!
けっこうな数字ですよね。
 
今は「腸活」という言葉ができたくらいなので、知っている方も多いと思いますが
 
腸はとっても大切なのです。
 
 
 

ポイント①「食事」

 
腸内環境を整えましょう!
とあちこちで聞かれるようにもなり
 
食事を気をつける方も増えたと思います。
 
 
免疫細胞を活性化させ
 
そして、免疫自体を作っている腸を元気にしておくことが
あらゆる病原菌から身を守る重要な方法です。
 
 
 
砂糖、人工甘味料、酸化した油、食品添加物、小麦製品
 
これらを控えることで、
腸内の免疫力は格段にアップします。
 
 
 
砂糖のとりすぎは、腸内環境のバランスを崩します。
 
かと言って、人工的な甘みはもっとよくありません。
 

「異性化糖」というものはご存知ですか?

 
ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖と呼ばれるものです。
 
これは、腸だけでなく
脳までダメにします。
 
 
 
 
あなたも、この文字をよく見かけませんか?
 
これ、多くの食品に入ってます。
 
 
あまり、原材料を見る習慣のない人には
ピンとこないかもしれませんが
 
ジュースやカフェラテ、お菓子、コンビニの食品など、本当によく使われています。
 
 
今は調味料にまで入っているから
まあスゴい(;’∀’)
 
入ってないものを探す方が大変です。
 
 
 
 
これらは、腸の善玉菌を弱らせ
 
私達の脳の働きや内臓の働きを悪くさせる糖類なのです。
 
 
この糖の摂取が増えると、
 
免疫力が下がる
 
精神が不安定になりやすい
 
集中力や思考力が低下
 
発達障害のような症状が出ることもある
 
 
ということが分かってきています。
 
 
欧米では、医師や栄養士たちはこれらの摂取を控えることを呼び掛けています。
 
 
 
 

カロリーオフ! 糖質ゼロ!

 
なんて言われ、人工甘味料が日本には大量に溢れていますが
これも腸内環境を荒らすもの。
 
 
カロリーないから大丈夫~!
と、安心して飲食してませんか?
 
人工甘味料には中毒性があり
逆に、太るという研究結果も出ています。
 
 
いろんな報告が出されているのに
まだ禁止に至らない。
 
何年かかるのでしょう…
 
 
 
科学的証拠となるものが全て揃ってから
「禁止です」なんて言われても
 
既に健康を損ねていたとしたら
遅すぎると思いませんか?
 
 
この人工甘味料、安く手に入るので、
多くの企業はやめられないのだと思います。
 
しかも、
カロリーオフ、糖質ゼロ、で売れちゃいますからね(>_<)
 
ホント恐ろしいものです。
 
 
 

酸化した油も、腸を傷つけます

そして、老化へと導く…
 
 
よく原材料に「植物性油脂」と書かれているものがあります。
 
考えれば、すごくアバウトな表記ですよね。
 
 
一般的な商品に入っている植物性油脂は、
質は重視されてないため
酸化していて腸に炎症を起こしやすいのです。
 
 
身体に良いことはありません。
 
 

食品添加物

 
食品添加物など、
自然界にないものが入った食べ物も
腸に良いことはありません。
 
 
これも多くの食品に使われていますよね。
 
「腸に良い乳酸菌」
と言われるものでも何かしら入ってます。
 
 
食べやすいように、飲みやすいように
保存がきくように、見た目がいいように
添加してあるのです。
 
 
もちろん食べやすい方が良いですし、
保存がきくことで、私達の生活は楽になり
科学の進化の恩恵を受けています。
 
 
ただ、身体に良いものを取ろうとして
逆に身体に負担になるものを摂取してしまっては本末転倒だと思いませんか。
 
 
 
 
いろいろ食についてお話しましたが、
 
砂糖、人工甘味料、酸化した油、食品添加物、小麦製品など
 
これらを摂取しない、ということは
おそらく不可能だと思います。
 
そんなことしたら、私たちの食べるものがなくなってしまいますからね。
 
だって、たくさんの物に入っているのですから。
 
 
 
 
食べないで!と私は言いたいのではなく
 
こんなものが腸に負担をかけ
身体を弱くさせていることを
頭の片隅に入れておいてほしいからです。
 
 
知っているのと知らないのでは、大違いですからね。
 
 
 
「身体に悪いから食べちゃダメ!」
ってストイックになることも
それがストレスとなり、免疫力を下げてしまいます。
 
なので、
食べちゃダメ!と考え過ぎず
食べる頻度を減らすこと。
 
 
私が伝えたいことは
毎日の食事を意識してみよう
と言うことです。
 
 
例えば、
昼夜、コンビニの物を食べてたとしたら
夜は野菜たっぷりのご飯を作ろうかな、
とか。
 
好きなお菓子の量を減らしてみようかな、
とか。
 
 
ジュースじゃなくて今日はお茶にしようかな。
 
 
なんてちょっとした変化が
身体に良い影響を与えてくれるはず!
 
積み重ねれば大きな変化!
 
 
 
 
好きなものを美味しく食べることって、とっても大事。
 
だからストイックになって、好きなものを我慢するのではなく
食べるものを意識してみる。
 
あなたにとって、それを食べて幸せなら、それで良いと思います。
 
 
ちょっと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、
認識した上で
ストレスをためないように食べることが1番だと私は思います。
 
 
 
たとえ、子どもがお菓子をたくさん食べたとしても、
友達と楽しく過ごせたなら、それで良いと思います。
 
 
↑これ実際にうちの話ですが(^^)
学校終わって公園に行き、みんなでお菓子やら菓子パンやらを食べ、夕食は一切食べませんでした。
まあ、幸せそうでしたよ~
が、次の日まんまと体調崩しましたね(^-^;
これも良い経験です。
その後はバランスとって、デトックスしましたけどね。
 
 
 
 
食べることは生きること
 
好きなものは食べて良い
 
でも、ちょっと意識してみてくださいね。
 
 

腸を元気にする!

 
本来、あなたの腸には良い菌がいます。
 
その善玉菌を元気にしてあげることが大切です!
 
 
日本人には日本人の身体に合う食材を食べること。
 
 
手前味噌ですが(^^)
 
 
 
発酵食品は良いですね。
 
日本人に馴染みの味噌なら、味噌汁で発酵食品が取れるのでおすすめです。
 
しかも、身体が温まるので、体温は上がり
免疫力が高まります。
 
 
 
 
忙しい時でも、すぐに食べられる納豆。
 
これホント手軽で便利。
うちも毎日食べてます(^^)
 
 
 
発酵食品はもちろん
ビタミン、ミネラルなどなど…大切なものはありますが
 
 
他に何を食べたら良いの?
と思ったら
 
とにかくバランス良く食べることが一番!
 
 
 
偏らず、いろんな種類のものを食べることです。
 
 
テレビなどで、
「これを食べると良いですよ!」
なんて聞くと
そればかりにとらわれてしまっている人が意外に多いです。
 
 
しかも、
それがあなたの身体に合っていなければ
 
ただの負担になるだけです。
 
 
 
1つのものにこだわらず
バランス良く食べること。
 
 
食事もカラダもココロも
何でもバランスです!
 
 
 
細かい事を書くと、面倒に思ったり拒絶する人もいると思うので(^^)
 
バランス良く食べる
 
これをオススメします。
 
 
分かってるようでなかなか出来ないのが食事かなぁと思います。
 
 
 
 

ポイント②「リンパ」

 
「リンパ」聞いたことありますか?
 
リンパは、静脈に平行して全身を流れ、張り巡らせています。
 
リンパ
 
 
このリンパがとても大切な役割をしていて、
 
細菌の退治
ウイルスの抗体を作る
老廃物や余分な水分の回収と排泄
 
などを担っています。
 
つまり、免疫機能と深く関わっているのです。
 
なので、
このリンパの流れを良くすることがとっても重要!!
 
 
 
ウイルスや細菌に負けないためには
「腸を動かすこと」
と始めに言いましたよね。
 
お腹には「腹部リンパ節」というものがあって
 
腸を動かすことで、この「腹部リンパ節」を刺激し、免疫力を高めることが出来るのです。
 
 
 
では、腸を動かすためにはどうすれば良いでしょう?
 
食べて動かせってことではありませんよ(^^)
 
 
 
腹式呼吸
 
それは、ふか~い呼吸です。
 
免疫力を高めるために、
「腹式呼吸」で腸を動かし刺激してあげるのです。
 
 
腸を触ることは出来ませんよね。
 
でも、意図的に
「腹式呼吸」で腸を動かすことが出来ます。
 
 
内臓を動かすって
すごいと思いません?
でも出来るんです。
 
腸を動かし、内臓の働きを良くし
全身を巡らせて免疫力を高めます。
 
 
 
 
実は、
ヨガで腸を刺激することも出来ます。
ねじるポーズは、腸を動かし活性化してくれるので特に効果的です!
 
 
 
私もヨガをやっていて、
腹式呼吸で内臓を動かしていく感覚がとっても気持ち良く
 
全身のエネルギーがアップしていくのを感じられます。
 
 
病気になる気がしなくなりますよ(^^)
 
 
ちなみに、シェイプアップや美肌効果もありますね♪
 
 
 
腸を刺激して動かすことが、
健康だけでなく美容にも影響を与えてくれるのです。
 
 
 

ポイント③「運動」

 
免疫機能と深い関わりのあるリンパ。
 
腸のリンパだけではなく
全身を張り巡らしているリンパの流れを良くすることも大切です。
 
 
しかし、リンパはちょっと厄介なことに
血液のように心臓のポンプ作用で勝手に流れるわけではありません。
 
 
リンパの流れを良くするためには、
 
マッサージなどの皮膚からの刺激や
 
適度な運動で筋肉を動かすことが必要なのです。
 
 
 
やっぱり運動は大切!
 
有酸素運動
 
激しい運動とかでなくても、有酸素運動で良いのです。
 
ウォーキングなら簡単に手軽に出来ますね。
 
 
しかし、だらだらと歩いててもあまり意味がないでしょう。
 
しっかり呼吸を意識しながら全身を巡らせて歩くことが大切です。
 
 
 
やっぱり効果的なのは、
全身の筋肉を動かすヨガ。
 
 
腹式呼吸をしながらヨガをすることで
腸は活性化し、全身のリンパの流れは良くなります。
 
 
細菌やウイルスに負けない
免疫力のある強い身体をつくってくれるのです!
 
アロマヨガセラピー
 
ちなみに、
私がヨガにリンパマッサージを取り入れているのも、これらの理由から。
 
 
内側から巡りを良くして老廃物を出し、
その人が持っている免疫力を高めることで
本質的な改善をしたいからです。
 
 
 
 
 
リンパだけでなく、
血液の流れも良くしてくれるのが運動です。
 
 
血流が良くなれば、老廃物を出し栄養を運んでくれます。
 
運動によって酸素は全身へ巡り、身体機能を活発にし、元気にしてくれます。
 
 
それが強い身体をつくることであり
健康でいるために必要なこと。
 
 
 
 
手洗い、うがい、マスクなど
その場しのぎの対処療法だけではなく
 
人が本来持っている生きる力を引き出すことが大切
だと、私は考えます。
 
 
外側にあるものばかりに目を向けるのではなく
 
自分を知り、自分自身の身体を整えることが
 
一番必要ではないでしょうか。
 
 
アロマヨガセラピー
 
いくら予防したって
目に見えないウイルスはやって来ます。
 
だから、そのウイルスに負けない力を持っていれば良いのです。
 
 
 
同じ空間にいても
感染する人がいれば、しない人もいる
 
 
不思議ですよね
 
何でだと思います?
 
 
この違い
ウイルスに負けない力の差って
 
人が持つエネルギーの違いだと私は思います。
 
 

まとめ

 
今日お伝えした、
感染を防ぐために必ず知っておきたいこと!
 
「腸を動かす」
 
 
ポイントは3つ
①食事で腸を活性化する
 
②リンパの流れを良くする
 
③運動で血流を良くする
 
ぜひ実践してみてください。
 
 
きっと、あなたの身体は変わるはずです。
 
 
その場しのぎではなく
本質的なところに目を向け
自分自身の身体づくりをしましょう!
 
 
 
もし、あなたが
 
「本質的な身体づくりがしたい」
 
「健康になるためにヨガやってみたいけど、私身体が硬くて出来ない…」
 
とお思いでしたら
 
 
 
 
こちらの記事もぜひご覧ください。
 
 
 
 
 
 

いいねボタン!