産後の腰痛の原因は?骨盤矯正だけでは改善されない理由

腰が重い、痛い。と妊娠中や出産後に悩む女性は2人に1人はいると言われます。

妊娠中は重いお腹を抱え、

産後は赤ちゃんを抱っこ、授乳、家事と腰に負担がかかることばかりです。

この腰痛は多くのママが悩まされるトラブルの1つ。

その原因は様々なものが絡み合っておきています。

 

産後の腰痛というと、

骨盤がゆがんでるから骨盤矯正しなきゃ!

と多くの方が考えます。

骨盤矯正は必要なのですが、それだけで良いわけではありません。

実は、筋力アップが重要なのです。

 

今日は、

ママの骨盤がどうやって歪むのか。

腰痛の原因、改善について徹底的に解説していきます。

腰痛がなくても、妊婦さんや出産を経験したお母さんも、ぜひ知っておいてください。

 

骨盤のゆがみと筋肉のダメージ

赤ちゃんがいる子宮は骨盤の内側にあり、妊娠中は赤ちゃんを守っています。

骨盤は「仙骨(せんこつ)」「寛骨(かんこつ)」「尾骨(びこつ)」

という骨が組み合わさったものです。

出産する時には徐々に広がり、赤ちゃんがスムーズに出やすい状態になります。

妊娠中は長い期間をかけてお腹は大きくなり、

そして臨月になると歩くことも大変ですね。

骨盤、腰への負担がどんどん大きくなっていきます。

 

 

出産前後の姿勢がゆがみの原因に

妊娠中にお腹が大きくなることで、

あなたはどんな姿勢をとっていましたか?

大きくなったお腹を支えようと、

腰を反らせた格好になっていたのではないでしょうか。

 

これは、身体の重心が前にかかることでバランスをとるために腰を反ってしまう

「反り腰」になります。

妊娠して10㎏前後体重が増加することで、

気づかないうちに姿勢や動作が変わっていくのです。

 

これは、骨盤が前に傾く「前傾骨盤」となり

腰や背中が緊張し、大きな負担となって、

腰痛を引き起こしてしまいます。

 

骨盤が前傾になることで筋肉の付き方は変わり、

姿勢も癖になってしまいすぐには戻りません。

 

あなたのお腹、ぽっこりと出たままになっていませんか?

これも前傾骨盤からくるものです。

女性なら気になるところですね。

 

それらの骨盤の歪みに加え、妊娠中の体力の低下で、

骨の近くにある深層部の筋肉「インナーマッスル」は低下し、

背骨や骨盤を支えることができないのです。

 

そのため回りの筋肉は守ろうと緊張し、張った状態になります。

この緊張が痛みにつながっていきます。

 

そして、おむつ交換や授乳、抱っこ、家事

などの1日に何度もある動作で、

さらに腰回りの筋肉に負担がかかることが

腰痛の原因をつくります。

 

腰痛

また、妊娠中にお腹が大きくなると、

床に座るときに足を左右どちらかに足を投げ出す

「横座り」をする方が多いと思います。

いつも同じ方向で横座りを続けることで、骨盤がゆがむ原因をつくっています。

これは意識することが大事ですね。

 

ホルモンの影響によるゆがみ

出産のときは胎児が通りやすいようにホルモンの影響で骨盤が開きます。

女性ホルモン「リラキシン」というもので妊娠すると増えます。

このリラキシンは関節やじん帯をゆるめる作用があり、

分娩時に胎児が産道を通り抜けるために必要なホルモンです。

リラキシンは妊娠初期から分泌され、

産後数ヶ月で分泌は終わる、と言われています。

 

そのリラキシンの影響で、全身の関節やじん帯がゆるんだ状態は続きます。

そこで、全身の筋肉がゆるんだ身体を支えよとして疲労していきます。

特に赤ちゃんのいる骨盤周辺の筋肉は疲労していることになりますね。

ですので疲労した筋肉は身体を支えきれなくなり、骨盤はゆがみやすくなるのです。

 

出産による筋肉のダメージ

出産で骨盤に負担がかかるのは想像できるかと思います。

出産時に開きゆるむことで、ゆがみが生じやすくなります。

 

先ほど、ホルモンの影響で骨盤周辺はゆるみ、

それを支えようと筋肉が疲労する。

とお話しました。

つまり、長い妊娠中に疲れ切った筋肉は、

出産という大仕事でさらにダメージを受けているわけです。

 

骨盤まわりの筋肉はこわばり、緊張し、痛みに繋がっていくのです。

 

 

その、大事な骨盤まわりの筋肉について少しお話しします。

 

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

妊娠して1番ダメージが大きいと言われるのが「骨盤底筋群」。

これは骨盤の底を支える深い部分にある筋肉インナーマッスルで、

大きくなった赤ちゃんを支えています。

これが出産時には3倍以上にも引き伸ばされます。

さらに筋肉の疲労が加わり、出産時の損傷でボロボロになりなかなか回復しません。

 

また、骨盤底筋群の役割は大きく、

骨盤内の臓器をハンモックのように下から支えています。

実は、この骨盤底筋群のゆるみ、ダメージによって、

がおこっているのです

ひどいと子宮脱、膀胱脱などの後遺症につながることもあります。

 

そしてこの骨盤底筋群は、他の筋肉と同じように何もしなければ衰えます。

ですので出産した全ての女性に、ここの筋力トレーニングは必須です!

尿漏れ

あなたは尿漏れが続いてませんか?

 

腹横筋(ふくおうきん)

腹横筋もお腹の深層部にあるインナーマッスルで、コルセットのようにお腹を覆う筋肉です。

腹筋よりも内側、深いところにあります。

 

妊娠中にお腹が大きくなることで、

腹横筋は伸び薄くペラペラの状態になってしまいます。

この状態が続くと筋力は落ち、正しい姿勢を保てなくなるのです。

 

すると身体を支えることが困難になり、腰痛に繫がります。

 

多裂筋(たれつきん)

多裂筋は背骨に直接繋がっている深層部の筋肉で、背中を後ろから支えています。

背中の骨それぞれを安定させ、

正しい姿勢づくりに大きく関係しています。

多裂筋は、骨盤底筋群と共に骨盤の安定にもかかわっているので、

この筋肉が衰えると良い姿勢は保てず、

腰痛だけでなく身体全体に負担がかかってしまいます。

 

横隔膜(おうかくまく)

横隔膜は肺の下にある筋肉で、呼吸に関わります。

ヨガは呼吸が重要なので意識して動かす部分なのですが、

この働きはとても大きく、話すと長くなるので、別の記事で書かせていただきます。

 

この横隔膜は前途した腹横筋と関連し、

多裂筋と骨盤底筋群の働きを高めてくれます。

 

深層筋インナーユニット

 

これら4つの深層部の筋肉、

「骨盤底筋群」「腹横筋」「多裂筋」「横隔膜」は

「インナーユニット」と言われ、

お腹や腰を守る大切な筋肉「インナーマッスル」になります。

 

心臓などがある胸のまわりは肋骨(ろっこつ)と背骨で守られていますよね。

では、お腹まわりはどうでしょう。

前側に骨はなく、後ろの背骨(腰椎)だけなのです。

そのために、お腹や腰を守る筋肉「インナーユニット」が備わっているのです。

ちょうど骨盤や内臓を4つの筋肉で囲ってあるイメージです。

このインナーユニットは、呼吸や内臓の機能、姿勢の保持などにも大きく関与しています。

 

妊娠、出産でこれらの筋肉がダメージを受け、

疲労や筋力の低下で腰椎に負担がかかることで

腰痛の原因をつくりだしています。

 

その他、骨盤につながる筋肉はまだまだあり、

下半身の筋肉もつながっているので、

それらの筋肉の緊張、筋力の低下が腰痛に関与しています。

 

 

産後の腰痛、骨盤のゆがみをそのままにしておくと大変なことに!

出産で開いた骨盤は徐々に元に戻っていきます。

しかし、しっかりと骨盤周辺のケアをしていかないと、ゆがみが残り腰痛の原因となります。

また、慢性的な痛みにもつながります。

歳を重ねたときまで影響していくことにもなります。

 

骨盤ケアをせずに放置していると、骨盤は完全に元の状態には戻れず、

ゆがんだままの位置で固まってしまうのです。

体力、筋力が落ちている方は特に注意が必要です。

 

ゆがみがあるということは、骨や筋肉は繋がっていますので

全身の血流まで悪くなり、

腰痛だけでなく肩こりや頭痛にも関与していきます。

 

骨盤がゆがむということは、

骨盤が本来あるべき位置からズレているということです。

すると、胃や腸などの内臓の位置も下へズレ、

内臓下垂の状態になります。

すると、内臓の機能は弱まり、血液やリンパの流れも滞り、

全身への不調や病気につながってしまうのです。

数十年後にまで悩まされることがないようにしたいですね。

 

 

そして、女性には見逃せないことがあります!

骨盤がズレ、内臓が下がるとどうなるか…

下腹部がぽっこりと出てしまいます!

ぽっこりお腹のママをよく見ませんか?

恐らくこのケースが多いと考えます。

痛みもなく、骨盤ケアを放置していると、そんな状態になってしまいます。

ぽっこりお腹

他にも、お尻が大きくなったり、太ももが太くなったりと体型が戻らない。

血流が悪いので、代謝が悪く太りやすい体質に。

腰痛、肩こりはもちろん、冷え性、尿漏れ、便秘、2人目不妊。

子宮脱などの婦人科系のトラブルにもつながってしまいます。

 

ちょっと怖くなりますよね。

でも、これだけの影響があることをしっかりと認識し、

これからも続く子育てをどう過ごせるかはあなた次第です。

子供のためにもあなたが健康でいることが大切です。

まだまだ続く、

「ママ抱っこー!」

そして全力で走る我が子を、あなたは追いかけられますか?

 

腰痛の改善には骨盤ケアと筋力アップ

それでは、腰痛の改善には何が必要でしょう。

腰痛が、出産前後の偏った姿勢、

出産による骨盤のゆがみやダメージ、

腰回りの筋肉の疲労、こわばり緊張、

筋力の低下などであることをお話ししました。

 

産後の腰痛を改善するためには、骨盤を正しい位置に戻すこと。

骨盤が正しい位置に戻るには筋力アップが必要です。

 

骨盤矯正をしてすぐに戻ってしまった。

と言うのは矯正をしても、それを支える筋肉が弱っていて保持出来ないからです。

 

実際、整形外科などに受診すると、家での筋力トレーニングを勧められます。

結局のところ、支える筋肉が大事!

ということですね。

 

骨盤矯正は骨格を正しくすることで、

出産後には身体が本来持っている力で行われていきます。

私たちが行うのは骨盤調整で、その矯正の働きを最大限にあげるために

骨盤まわりの筋肉やじん帯、身体の状態を整えることになります。

 

ヨガは、骨盤を動かす動き、身体のバランスを整えるポーズが多く、

骨盤だけでなく身体全体のゆがみを整える効果があります。

 

体幹トレーニング、という言葉をご存知かと思いますが

実はあの動き、ヨガのポーズが多く含まれています。

ヨガのインナーマッスルを鍛える方法がとても有効です。

産後のヨガが良い、と言われるのも納得ですね。

yoga

まず出産後1か月間は、身体が自然に戻れるようにゆっくり休みます。

1か月健診で、医師から問題なしと診断されたら、

少しずつストレッチしていくことがベストです。

 

オリジナルメソッドでママの土台づくり

 

私がご提案するプログラムは、

産後の身体に合わせた無理のない内容です。

解剖学、生理学、整体学、心理学の観点から、

腰痛を改善、予防するオリジナルメソッドです。

骨盤を調整しながら、

腰痛に関連する筋肉インナーマッスルを強化していきます。

 

激しい運動を想像する方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

身体の深い部分にあるインナーマッスルを強化する事は、負荷をあまりかけません。

ゆっくり時間をかけて刺激していきます。

 

更に、腰が痛い時、調子が悪い時などに有効な、

セルフケアも伝授いたします。

 

家でも行うことで身体の状態を維持でき、

早い改善、健康への近道となるのです。

ご家族と一緒に行うのもオススメです。

家族も健康になり、良いスキンシップになります!

と好評です。

 

このプログラムの効果は身体機能を強化し、

関節の位置が整いバランスの良い身体を同時につくれます。

骨盤の調整をしながら身体のラインまで整えていくことができるのですから、

とってもお得ですね。

また、基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を助けることで産後のダイエットにピッタリです!

継続して行うことで体質改善し、

健康な身体と美しさを手に入れます。

 

疲労した身体をゆるめ、強化し、しなやかな身体をつくる。

そしてヨガの素晴らしいのは、

ココロまで整えられること。

 

ヨガは呼吸が大切で、

呼吸をコントロールすることで自律神経をコントロールします。

深い呼吸は副交感神経を優位にし、心を穏やかな状態へと導きます。

呼吸と共にココロとカラダをつないでいくのです。

 

また、アロマを取り入れることで

リラックス効果、ホルモンバランスを整える、免疫力を高める

などの相乗効果も得られます。

良い香りに包まれると、自然と心は落ち着きます。

 

これを聞いて驚くかもしれませんが、

心因的な要因で、慢性的な腰痛が引き起こされることもあります。

その対策に瞑想の効果があることが研究の結果で明らかになっています。

 

慣れない育児で不安ばかり…

1人で悩みを抱え、ストレスをためていませんか?

ヨガの瞑想で心を整えましょう。

 

瞑想

 

 

あなたの心の状態はどうですか?

楽しく子育てしてますか?

 

何よりも、ママのココロが大切です。

たくさんの辛いことや悩みがあると思います。

私がやらなきゃ!と一所懸命になりすぎていたり。

イライラして、そんな自分にまたイライラしたり。

 

そんなあなたの気持ちを話せる人は側にいますか?

誰かに話すだけで心は軽くなります。

子育ては1人では出来ません。

人と関わり合いながら、子供を育て、

ママも一緒に成長していくのです。

 

たくさんの迷いに立ち向かった時のために、

自分らしく、ぶれない心の軸をつくります。

 

子育ての悩みも、

私と一緒に乗り越えていきましょう。

アドラー心理学の観点からアドバイス、

またコーチングいたします。

 

悩めるお母さんのために、

ココロとカラダのトータルケアをご提案しています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

少し長い記事になりましたが、ママの身体の中では様々なことが起こっています。

一人の人間を子宮で育み、産み、育てていくのですから、

身体への負担、ココロの悩みも大きくなります。

 

結論として、

産後の腰痛を改善するためには、

骨盤矯正だけではなく筋力アップが必要!

ということです。

 

その結果、

あなたはつらい腰痛から解放され、

健康と美を手にし、軽やかに動ける身体になることが出来るのです。

そして、笑顔で子供と向き合い、

楽しい子育て生活を過ごせるようになるでしょう!

 

本気で変わりたいあなた

一歩踏み出してみてくださいね。

お待ちしております。

 

 

いいねボタン!

【産後の腰痛を改善し、軽やかなカラダとココロを手に入れ、笑顔で子育てする方法】

産後の腰痛改善
あなたのお役に立つ小冊子
無料プレゼント!