肩こりからの息苦しさ。マタニティケアで安産へ【お客様の声】30代女性

3人目を妊娠中のお母さまのケアをするため、ご自宅へ出張レッスンに伺いました。

肩こりからきてそうな息苦しさ

出産時の体力の不安と、いきめるかの心配

そして、呼吸法のお話を聞きたいということでした。

 

その後、安心して出産を迎えられ、元気な赤ちゃんが産まれ幸せにあふれています!

 

お母さんの呼吸が胎児に伝わる

実は以前、私の所へヨガを受けにいらした時、呼吸が浅かったのがとても気になっていた方でした。

妊娠中とお聞きして、改めて出産前にお伝えできて良かったです。

 

妊娠中はまだ、お母さんと胎児はへその緒でつながっている状態です。

お母さんの呼吸が赤ちゃんに伝わります。

なので、

お母さんの呼吸が浅ければ、赤ちゃんの酸素量は減り苦しくなってしまうのです。

 

大きなお腹を抱え辛いと思いますが、

適度な運動をして酸素を巡らし

全身を循環させるとともに

ゆったりと過ごすことが大切です。

 

分娩時や陣痛時に、痛くて酸素量が下がった経験ありませんか?

私がそうでした。

初めての出産のとき、陣痛が痛くて痛くて…

痛すぎて息をこらえてしまったんです。

そしたら手足がしびれてしまい、余計に辛い思いをしてしまったという(笑)

 

実は昔、病院に勤めていたことがありまして

状態の悪い患者さんには、「SpO2」という血液中の酸素飽和度を測る装置があるのですが

私が一人目分娩時にこれを指先に付けられたんですね。

で、必死にいきんでもなかなか出てこなかったら、そのSpO2がピコピコ鳴るわけです。

うわ~酸素足りてない…と思っていたら

先生が、「赤ちゃん苦しくなってしまうので吸引しましょう。」

ということで吸引分娩になりました。

これ以上続けたら命の危険があるということです。

もう、やるしかないですよね。

無事、出産できましたけど。

 

しっかり呼吸法身につけてないとダメだと反省。

普段の呼吸は大丈夫なのですが、分娩時の呼吸法を教わっていなかったのです。

産院では、

「本番は看護師さんの言うとおりにやってくださいね~」

で終わった記憶。

「ああ、そっか。今聞いても忘れちゃうしね」

なんて思いやらなかったらこんなことに。

ぶっつけ本番で冷静に出来ません(^_^;)

 

普段の呼吸も、たくさんの酸素が胎児にいきわたるように

浅い呼吸ではなく、深い呼吸を意識してくださいね。

 

妊婦中の産前ケア、マタニティヨガ【お客様の声】30代女性

お客様の声をご紹介いたします。

肩こりからきてそうな息苦しさ。

出産時の体力の不安と、いきめるかの心配。

そして、呼吸法のお話を聞きたかったです。

 

レッスンを受けてみて、
鼻から息を出す大事さ

身体に酸素が巡って残しておけそうで、パワーをためやすく感じました。

いつも口呼吸だったのですが、鼻呼吸を意識したらのどが楽になりました!

肩、腰、股関節の動きも良くなりました。

 

ゆきえさんは、丁寧に対応してくれながらも
さっぱりと付き合えて気持ちの良い方です。

いつも軽やかな印象です。

 

身体の不具合を感じている方、産前産後の夫婦間、生活を整えたい方におすすめします!

素敵なご感想ありがとうございました!

 

出産が近く、外に出ることは避けていらしたので、喜んでご自宅へ伺わせていただきました。

とても美意識が高く、健康にはいつも気をつけていらして、安心して出産を迎えられたと思います。

 

肩こりと呼吸の関係

肩こりから息苦しさを感じる方、いらっしゃると思います。

上半身がこわばってる感じです。

 

なぜかと言うと、
肩まわりの筋肉が緊張し硬くなっているので、呼吸も身体に上手く入っていかないからです。

深い呼吸が出来ない。

どうしても浅くなってしまう。

普段は無意識で呼吸をしていると思うので、
浅い呼吸にも気づかない。

そのせいで、
何だか分からない不調を引き起こすことにもなります。

 

呼吸が浅ければ、酸素の巡り、血液循環が悪くなり、身体のいろんな場所の機能が低下します。

「ただの肩こり」 

なんて放っておかないでくださいね。

 

「呼吸大事にして分娩出来ました!」

 

「サポートいただきありがとうございました!」

と、出産報告をいただき、自分のことのように嬉しかったです!

まだか、まだかと密かに待っていた私です(*^^*)

 

助産院を選び、こだわりの出産を迎え

家族に見守られながら無事に元気な赤ちゃんが産まれ、

幸せな時だったんだろうな~、と思います。

 

ヨガの後は顔の表情まで柔らかくなる

出産して落ち着いた頃、
メッセージをいただきました。

 

今まで鼻で吸って口で吐くことが多かった私。

鼻で吐いたら身体にエネルギーが上手く回る感覚です。

これから意識して鼻を使うことにしました!

産前に自宅に来てくださって出産にも役立つ動きをレクチャーしてくださり、ありがとうございました。

肩、腰、股関節にポイントを当てたヨガも気持ちよくできました。

ヨガの後は顔の表情まで柔らかくなって動きやすく感じました。

身体も顔も心もつながる♡

今も意識してらして、嬉しいですね。

ありがとうございます!

 

陣痛のいきみの逃し方、とても参考になったようでした。

少しのポイントが、大きな助けになります。

 

健康に気をつけていらっしゃるので、出産前からご自分でマタニティヨガの本を見てやったそうなんですが

1人でやるってなかなか難しいですね。

 

ヨガの本やDVDを見てやることのデメリット

本を見ながらだと、見ながら動くため
頭で考えながらになってしまうので一連の動きができません。

「これはこうだっけ?次はどうするの?」

などと気にしながらやっていると

身体に意識が集中できていないので効果が半減、と言うか

やったつもりでいるだけ!

だと思います。

 

実際にプロに教わって動きや流れ
ポイントをおさえているのでしたら
本を参考にしてやるのは良いと思います。

しかし、
初めての動きやよく分かってないことを
自己流でやるのはオススメしません!

 

身体の使い方を間違って
どこかに負担をかけてしまったり、

ケガをしてしまったら元も子もありませんから!

 

DVDも同じことが言えますが、付け加えると

動画のペースに合わせなければいけないので

呼吸のスピードが違ったり、

動きに戸惑ったりすると

取り残されてしまいます。

こうなると、

真似しようとしているだけで

全然アプローチ出来てません!

身体の声を聞くことも出来ませんし、深まらないのです。

 

なのでまずは、プロに教わってから自分でやることをおすすめします。

 

人の身体はそれぞれです。

自分の身体に合ったものを知り

行うほうが効果的で早いです。

 

どこを良くしたいのか?

どこに意識を向けてやるのか?

これが分かってないと何の効果もありません。

 

ご自分の身体に合ったヨガを!

ただ、やったつもりのヨガではなく

あなた身体の状態に合ったヨガ、

メンテナンス法を私はお伝えしています。

これはパーソナルでしか体験できないことです。

 

ご自分の身体に合った、

オーダーメイドのアロマヨガセラピーを

ぜひ体感してみてくださいね。

 

 

 

 

いいねボタン!

【産後の腰痛を改善し、軽やかなカラダとココロを手に入れ、笑顔で子育てする方法】

産後の腰痛改善
あなたのお役に立つ小冊子
無料プレゼント!